wimax エリア!WiMAXのサービスエリア実人口カバー率99%以上Broad WiMAX

■WiMAXを初めて契約検討したいならwimax エリアを調べましょう

エリア外という判定が出ることも・・・
エリア外らしき判定が出たケースの対策は?
該当エリアで接続可能な他Wi-Fiコレか?
エリア拡大はドンドン拡大中!

wimaxエリア品質問題

wimaxは高速無線通信サービスであり、
モバイルルータだけでなくau向けのスマートフォンにも搭載されています。

約5年前の話になりますが、スマートフォンの3G回線だと期待した通信速度が出てなかったため、素早く情報収集ができなかったことがありました。

このため、wimax対応のスマートフォンを購入しました。

自宅のアパートでwimaxを試した結果、wimaxが圏外のため、使用できませんでした。

しかし、自宅を出たらwimax
wimaxのエリア内にいることは確認したが、
建物内にいることで電波が遮られていた場合、
wimaxの電波は入らないようです。

自宅で使用できず、
ガッカリさせられました。

その時はwimaxの電波が入るかどうかは、wimaxルータを借用して確認すればよかったと思いました。
wimaxより通信速度が向上したwimax2+と呼ばれる無線通信があります。
しかし、LTEとwimax2+両方使用可能なモバイルルータを自宅で使用した結果、wimax2+もwimaxと同様、建物内にいることで電波が遮られたため、電波が入らず、圏外で使用不可でした。
しかし、LTEは電波が入ったため、高速通信が使用できました。
その時の原因は、wimax2+もwimaxと同様、障害物に弱い電波を利用していたからでしょう。
このため、圏外で思うように使えなかったのが非常に残念でした。
ネットで確認したところ、やはりwimaxとwimax2+は評判や口コミで接続出来ない例が見受けられました。
電波が入りやすいのは、wimaxよりLTEですが、LTEは設定した使用量以上の通信を行った場合、速度制限が発生してしまいます。
結局どちらも長所と短所があると判断出来ます
理想は、速度制限がなく、繋がりやすい高速無線通信サービスです。
今は、wimaxは繋がらないといったエリア品質問題を多く改善し、信頼を回復がされてきた時期でもあります。
選択のポイントは自分の利用形態に一番適したネット接続の方法手段を選択するのが当たり前ですが必要と思われます