wimax感想を語りたい!
これからwimaxを契約したいと思っている人も多いと思います。
ですが、そういう人に私が言いたいのはどういう目的でwimaxをこれから契約しようと
思っているのかという事です。

その点を間違えて契約してしまうと後悔する事になります。それは実際に私がwimaxを契約して感じた確かな事です。

では、どういう目的でwimaxを契約したら良いのかというとそれはあくまでスマホのWi-Fiの補助的な目的でwimaxを契約するくらいが良いです。

それはどうしてかというと、wimaxというのはみなさんもご存じのように他のWi-Fi接続で利用するインターネットとは違って速度制限無制限のプランがあるのが最大の魅力です。

それでいて速度もすごく速いという事はないですが、そこそこの速度が出ます。
ですから家でスマホの通信量を抑えたいと思うならwimaxを契約するのが良いです。

ですが、単にwimaxを自宅のメインの回線にする事を目的に契約するならそれはやめた方が良いです。なぜなら、いくらwimaxが他のWi-Fi接続のインターネットとは違って速度制限がないと言っても固定回線みたいに高速通信が出来ないという弱点があるからです。

もし家でネットゲームを安定した速度でしようと思うならwimaxでなくちゃんと光回線を
自宅に引いてインターネットをされる事をおすすめします。

そうしないと満足にネットゲームはできないです。ですが、別に大きなデータのやり取りを必要としないならwimaxをじたくのメインの回線にしても問題はないです。

ただ、その際にはちゃんとそのwimaxがいくら使っても速度制限が掛からないノーリミットモードを備えているのかちゃんと確認してから契約をする事をおすすめします。

そうしないと適当にwimaxを契約してしまうと速度制限が掛かって使い物にならなくなる事もあるので注意が必要です。

実際にwimaxを契約して私はそう思いました。

光回線からwimaxへの乗り換えの実体験談

昨年、家庭の支出を下げるために、光回線からwimaxへの移行を考え始めました。
今では、光回線でも、そこそこ費用の安いサービスがありますが、当時の私はそこまでリサーチもしておらず、フレッツ光とプロバイダ料金で約5000円以上の金額が毎月かかっている状況でした。
そもそも光回線にこだわりなど無く、別にインターネットさえ使えれば良いかなと考えており、ギガ放題というサービスもあり、プロバイダ契約なども不要という点に惹かれ、2年契約という縛りはありましたが、スパッと光回線の契約をやめ、wimaxのみを利用する生活を始めました。
そして、そこから色々は事態に遭遇しましたので、同じようなことを考えられている方々のために、参考になればと思い、下記に私の実体験を記載します。
まず、光回線からwimaxに移行する際に、wimaxでの契約で一番料金の安いものを契約しました。
そう、一月7GBの縛りがある契約です。
私は家庭を持っており、妻の分と併せてスマホが2台、PCが1台という状況です。
当時はスマホの3G回線もあったので、7GBなんて超えないだろうとタカをくくっていたのですが、あっという間の2週間で7GBの制限を超え、200KBPSという結構な低速の状態に制限されるという事態に陥りました。
特に動画を沢山見たということも無く、何気なく普通に生活していただけなのにです。
スマホは何とかなるのですが、問題はPCです。
もう使えたもんではありません。
そこで、即座にギガ放題という契約に切り替え、一月7GB制限を無くす運用が開始されました。
当時を振り返ると、完全に浅はかであったかと思っています。
自分の家庭で一月でどのくらいのデータ通信を行っているのか調べる方法は合ったと思います。
もう少し石橋を叩いてから進んだ方が良かったなと、ここは今でも反省しています。
そして、次の山場は、wimaxの複数台での同時利用時になります。
調べられている方はご存知かと思いますが、ギガ放題の契約に切り替えても、3日間で3GB以上のデータ通信量があると、通信速度を制限する場合があるという注意文句があります。
私は、先の失敗の速度制限をくらった影響から、この3日間3GB超えからの制限を非常に恐れていたのですが、ある日実験したところ、全然大したことが無いということが判明しました。
何というか、制限されているのか制限されていないのか分からないぐらいです。
データ通信量が、ある事情で一月100GBを超えた月があったのですが、その月の感想です。
それ以来、何も恐れること無く、私はwimaxをじゃんじゃん使うようになったのですが、ここで、なんと妻からクレームが入ったのです。
クレームの内容は「全然インターネットに繋がらない」というもの。妻が使えない時も私はサクサク利用できています。あれこれ調べて原因を推測したところ、それはwimaxを接続して利用しているデバイス数が多すぎるために起こっているのだと分かりました。
何というか、これは結構衝撃を受けました。
帯域を占領してしまうために起こる事象なのか、wimaxの機器のパワーが足りないのか、厳密には分からないのですが、それ以来、私の家庭ではwimaxの回線を譲り合いながら使うような運用が開始されました。
普通のwebブラウジングぐらいであれば、同時利用可ですが、例えばオンラインゲームでガッツリ使うとか動画を見るとか、そういう場合に譲り合うイメージです。
このような運用を始めてからは、安定しまして、今では快適に過ごしています。
半年後に、wimaxの2年間の契約が終わります。
私は最近、趣味でオンラインゲームを始めまして、wimaxで支障が無いかは今まさに実験中です。
この場で結果を書けないのが残念ですが、多分wimaxで大丈夫そうな気はしています。
以上が私の実体験になります。
もし、同じように家庭でのwimax利用をお考えの人がいれば、参考にしていただけると幸いです。