Speed Wi-Fi NEXTが人気おすすめランキング
WiMAX2+ W03でスピード価格も超一流

wimax2対応 broadwimax W03!

wimax料金最安値

初期費用無料だけでないお得の中身は

月額料金がぜっていに得する設定になっている
speed WI fi next w03の色はRED赤色が人気!

wimax月額料金2856円で業界最安級

当サイト限定キャンペーン中!

初期費用が無料(18,857円)

3波キャリアアグリゲーションで通信速度は下り最大370mbps(ハイスピードプラスエリアモード設定時)

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX2+ W03

さらに省電力のパーフォーマンス設定が追加

バッテリーは大容量!継続通信時間730分

次世代高速Wi-Fi規格の「11ac」(11n規格比で通信速度は約11.5倍も高速)

工事不要で即日利用も可能!

最短即日発送で送料無料だからすぐ使えます!さらに価格も業界最安級の月額2,856円で使い放題のwimaxって何?って思われる方も多い為、ワイマックス利用経験者のwimax乗り換えも最大級の乗り換え先waimaxがSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX2+ W03です!

普通の家庭のWiFiに比べるとモバイルWiFiはスピードが落ちる?

実際broadwimaxの速度はどれくらいなの?

◆モバイルWiFiに関心があっても速度が心配で契約まで踏み出せない人も数多いですね

。一般的なイメージで普通の家庭のWiFiと比べるとモバイルWiFiはスピードが落ちると考えられるからです。

確かに一番早いインターネット回線は光回線で、
下りが2Gbpsで上りが1Gdpsと驚異的なスピードを実現しています!

このスピードはオンライン上で仕事をする人しか必要ないといえます。

不通にインターネットを利用して、動画を見たり、ショッピングをしたり、SNSを使用したりする使用ならbroadwimaxの速度で十分でしょう。

なぜならbroadwimaxの速度は下り最大110Mbps、

上り最大10Mbpsに設定されているからです。

もっと速いスピードを求めるなら下り最大220Mbpsという速さのヤ倍速機能があります。

このヤ倍速機能を利用するなら最大220Mdpsを実現することが出来ます。

このスピードというと重いホームページでも十分にみることが出来、
ページが移り変わるスピードも全くストレスがありません。

また映画などの長い動画も止まらなく見ることが出来まるので非常に便利!

確かに光などのインターネット速度には及びませんが、
そこまでスピードを求めない方にはbroadwimaxはお勧めです。

なぜなら、ストレスなくインターネットを使用できる環境にありながら、価格は格安で、持ち運びが出来、モバイル機器と自宅をbroadwimax契約だけで出来るからです。

broadwimaxは非常にお財布に優しいモバイルWiFiサービスである考えれますね・・・。

ブロードワイマックスを利用している理由の一つは発送が早く、すぐに利用できること

一般的な高速モバイルルーターの場合には申し込んでから実際に商品が届くまで数日はかかります。

場合によっては1週間近くかかる場合もあります。

しかし、ブロードワイマックスの場合には即日配送してくれます。

具体的な条件は、

申し込みが平日で午後4時まで、

土曜日は午後12時までに申し込みをすると即日配送してくれます。

配達エリアによっては翌日に商品が届きすぐにネットを楽しむことができるのです。

東京など、都心に住んでいる人の場合には直接店舗に受け取りに行くこともできます。

もちろん、申し込みが終わればすぐに店舗で受け取ることができるので、場合によっては当日のうちにモバイルルーターを受け取りすぐにネットにアクセスすることができるのです。

配送が非常に早く設定も簡単であるということには大きなメリットがあります。

例えば、出張に行くのですぐにモバイルルーターが必要になった、

引越し先にネット回線がないのでモバイルルーターが必要になった状況にすぐに対応することができるからです。

難しい設定をすることなく、すぐに利用できるというのもブロードワイマックスのメリットです。

初心者でもモバイルのスイッチを入れるだけで、ネットにアクセスできます。

wimax2+

wimax2+の速度制限が以前より緩和され使いやすくなりました

wimax2+は固定回線と違って自由に持ち運びできますし、回線工事もなく契約からすぐに利用出来てとても便利でした。

しかし2015年4月から通信量制限が導入され、通信量が多いと急激に速度が落ちて使いものにならなくなって解約した人も結構いたと思います。

ヘビーユーザー向けにギガ放題っていう月間通信量無制限プランもありましたが、こちらも三日で3G通信すると超低速になってました。

スマホでゲームするぐらいなら問題ないですが、PCでデータのやり取りをしたり動画視聴すれば1日あれば3G超えなのでギガ放題でもダメだったりしました。

通信制限がかかってしまうと1m/bps程度の速度となってしまい、ADSLよりも遅くてどうにもなりませんでした。
しかし最近こういった問題から速度制限が緩和されました。

残念ながら通常プランなら月間通信量、ギガ放題も月間通信量の制限はなくても三日3Gという制限はあります。
しかし制限時の速度が大幅にスピードアップしたんです。

使用する地域によって個人差はあるものの、通常なら15-25m/bpsぐらいの平均速度は出ます。これは以前と変わらずです。

しかし制限速度は4-5m/bpsぐらい出てくれるんです。以前の1m/bpsより少し早いだけじゃないかって思う方もいるでしょうが、使ってみるとこの3m/bps+@の差が体感出来るほどです。

例えばネットサーフィンするにしても以前なら画像の多いサイトならそれだけで読み込みに時間がかかりました。しかし今はサっと表示してくれます。

そして気になる動画視聴ですが、huluやNetFlixのような大手有料動画配信サービスだと大体HD画質、1080x720の解像度です。

このHD画質程度ならカクカクせずに動画視聴することが可能なんです。以前だと動画止まりまくって観てられませんでしたが今は普通に見れます。

もっと高画質の動画なら無理ですが、現時点ではほとんどの動画配信はHD画質なので制限がかかっても問題ないんです。

もちろん大量のデータやり取りをする方なら物足りない速度ではありますが、動画視聴する程度の方なら十分お勧め出来るようになりました。

wimax2+で快適なインターネットライフ

単身赴任を行うことが決まった際に最初に考えたのがインターネットの利用方法です。

スマートフォンの大手通信キャリアとの契約だけでは、屋外のアクセスだけでも上限に達しえしまう状態だったので、単身赴任先の宅内での固定回線インターネットも必ず契約が必要でした。

しかし、固定回線インターネットを契約するよりもコストパフォーマンス、使い勝手もメリットがあると思ったのがwimax2+だったのです。

何よりも魅力だと思ったのが毎月データ通信使い放題で4000円程度の契約料金でした。

もちろん、2年間の契約縛りはあるものの十分メリットがある契約だと思いました。

wimaxというデータ通信の弱点である屋内への浸透が心配だったので単身赴任先のマンションの屋内で利用できるかどうかだけ無料期間レンタルで確認したのち正式に契約しました。

実際に使い勝手としてはかなり満足しています。

単身赴任先のノートパソコンとスマートフォン、さらには別の機器を同時接続しても問題なくインターネットを利用できます。

通信速度そのものも動画のストリーミングや音楽配信にも耐えうるものです。

また、心配していた移動中のデータ通信も通常の地上の電車の中であれば全く問題なし。
さすがに単身赴任先の東京から自宅のある大阪への移動で新幹線によるデータ通信はエリア外になることも多いのですが。
最悪新幹線の中は無料WiFiが使えますので何とかなっています。

また、自宅に戻ると家族が一緒に外出するときに全員が同じWifiルーターにアクセスしますので大活躍です。

使用感としてデータ通信が遅くなっているとは感じません。

モバイルWifiルーターも今後もっとバッテリーの持ちがよくなっていけば、最高の使い勝手になっていくでしょう!

wimax2+を使ってみた

これまで使ったプロバイダの中でも特に使って便利だと思ったのが
wimax2+でした。

これを使ったおかげでモバイルWi-Fiルーターを使っても
速度制限なしで使えたからでした。

ただこれも単にwimax2+のモバイルWi-Fiルーターを使ったから速度制限なしで使えたのではなく同じwimaxw2+のモバイルWi-Fiルーターの中でも私が契約したのがHWD15というモバイルWi-Fiルーターを使ったおかげで速度制限なしで使えました。

wimaxのデータ制限なしとスピードで仕事効率アップ◆最近は、スマートフォンが普及してから、モバイルインターネットが身近になりました。

モバイルインターネットと言えば、外を飛び回っているビジネスマンの専売特許だったものが、今では誰でも気軽につかえます。

でも、スマートフォンで気になるのは、どうしてもデータ制限があることです。

特にノートパソコンを外で使う人にとっては、テザリングはあくまで緊急的な使い方に留めたいものです。

私もビジネスでは、本業の他にサイドビジネスでインターネットが必要不可欠です。

しかも、外でネットにつなぐケースがかなり多く、重たいデータを送ったり受けたりする必要があります。
そのためにどうしてもスマートフォンでは、すぐにデータ制限に引っかかってしまうために、wimaxを契約したのです。

契約したのは、wimax2+でした。

本業でも、会社からモバイルルーターを貸与されているのですが、そこは本業とプライベートの一線を引いておかなければなりません。

しかも、サイドビジネスで扱うデータ量の方が多いために、どうしても、wimaxでなければなりませんでした。
使っていて、通信スピードの速さには大満足です。

時々、動画コンテンツをも扱わなければならないのですが、ストリーミングでもフリーズする経験がないから驚きです。

とは言っても、知ったのはwimaxでも、一定期間の中で3GBを超えたら、制限がかかることが、後から気づいたのです。

それでも、制限期間中の通信スピードでも、結構速いのでしょう。

私が使うデータでも、遅くなることは、あまり感じなかったらのです。

モバイルインターネットを必要とする人には、持って来いの必須アイテムだと思います

しかも、月額費用は4,000円弱とリーズナブルなこともありがたいレベルです。

最近は、学生の人や単身赴任の人でもwimaxを使う人が増えていると聞きますが、メイン回線として利用することも大いにありだと思います。

その理由は簡単でこのHWD15という端末がwimax2+と通常のwimaxに手動で簡単に切り替える事ができる端末でwimax2+を使いすぎて通信量が限度一杯まで使って速度制限が掛かっても通常のwimaxに手動で切り替える事で速度制限がなしで使えました。

これがいわゆるノーリミットモードというモードでこのモードに切り替えて使えば限度一杯までwimax2+を使っても問題なくインターネットが使えました。

ただ、これも私が意図的にこのHWD15という端末を選んでwimax2+を使うようになったわけでなくたまたま契約する際にこの端末で契する事になると言われてこれを契約しただけでした。

もし、この契約のタイミングが遅かったらもうHWD15という端末がなくなって
ノーリミットモードのないwimax2+しか使えない端末を契約していた可能性もあったのか
と思うとビビります。

なぜなら、私は実際にこのwimax2+を使ってインターネットをやるようになるまで
wimax2+も通常のwimaxと同じようにいくら使っても速度制限がないと思っていたのですが実際はwimax2+は速度制限があってそれを回避するにはノーリミットモードでで速度の極端な低下を防ぐ必要があります。

それが偶然ですができたので同じモバイルWi-Fiルーターの中でもこれは使えると思いました。

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルーター

利用について
固定回線インターネットを解約しました。

その代わりに導入しているのがbroadwimaxで契約しているWiMAX2+のモバイルWi-Fiルーターです。

すでに3年目に突入しています。

2年契約で3年目に入る際にあなたのモバイルWi-Fiルーターに無料でキャンペーンとして交換をしてもらいました。

率直な感想ですが、非常に満足しています。

まず最初に複数同時接続が10回線まで可能です。

もちろん同時アクセスが多いと多少インターネットの速度が落ちますが、通常であれば動画のストリーミングや音楽配信、アプリのダウンロードなど問題なくこなすことができます。

もともと、口コミなので気にしていた地下でのデータ通信や、屋内でのデータ通信の弱さですが日常生活ではほとんど気になるところはありません。

地上での電車の移動や車での移動に際してはほぼ都市部では使えるからです。

モバイルWi-Fiルーターの機能で言えば気になるところはバッテリーの持ちでしょうか。

朝から複数回線を常に接続して持ち出す休日になるとあまりにもデータ通信料が多いためにモバイルバッテリーを常に持ち歩かなければ夕方までバッテリーが持ちません。

このモバイルバッテリーを並行して持ち歩くと言うこと以外は特に不満点がないのが今の実情です。

我が家のように家族でマンション住まいであっても、単身赴任や学生の一人暮らしであっても、固定回線インターネットを契約するよりもモバイルWi-Fiルーターの使い放題プランがあるbroadwimaxを契約した方がメリットなる方は多いのではないでしょうか。

我が家の場合は、broadwimaxで2台目を契約してもしやすくなるのであれば家族で別々の場所に出かける際の2台目需要として活用したいと思っています。